リベルサスって本当にやせるか?GLP-1ダイエットの実態。

更新日:3月18日




こんにちは。吉田です。

昨年辺りから何かと話題のGLP1ダイエット。 炎上によりネガティブなイメージがあるが実際本当に痩せるのか?リスクはあるのか? そういった疑問に対して身体を張って検証します。


というのもある時鏡を見てみると。 なんか出てね?



そのまま体重計にのると





あれ、、、、?


大学時代  53kg 会社員時代 60kg


現在    69.9kg 約10年で17kg増。これはやばみ。 うすうす勘づいていましたが、現実的な数字をみると涙で計器がみえません、、、、 運動も考えましたがリングフィットアドベンチャー2週間で断念してしまった僕にはハードルが高すぎて、今回楽をしようとリベルサスの服薬開始を決意しました。 そもそもリベルサスってどんな理屈で身体に作用して体重低下するのかというと食欲を低下させることにより食べれる量を減らしダイエットできるという物です。 そのため大量に食べてしまうと結局は痩せません。 リベルサスの作用としては、体内のGLP-1受容体に結合しGLP-1を放出させます。 GLP-1の作用としては以下の通りです。

膵内作用

  1. 膵β細胞の分化・増殖

  2. インスリン分泌増強

  3. グルカゴン分泌抑制

膵外作用

  1. 消化管運動の抑制

  2. 食欲の抑制

インスリン分泌を促すことから低血糖など起こるのではないかと思いますが、GLP1に関しては血液中のブドウ糖容量に依存しインスリンの放出されるため低血糖などの症状はほとんど起きません。 まれに治療初期に吐き気、便秘、胃のムカつきなど起こることがありますが、継続していればほとんど消失してきます。 実際服用初期に若干の吐き気がありましたが、現在は特に問題なく服用できています。 さて気になる継続結果ですが、開始一週目には1.5kgほど体重の低下が見られました。

本当に食欲がかなりおちいままでラーメン大盛り、ミニ丼みたいな生活を送っていましたが、ラーメン普通盛りが途中でお腹が一杯だなあと思うようになりました。


結果食欲が下がり、食べる量もかなり減ったため体重減少につながっています。


その後も二週目には3kg、三週目には4kg減と順調に減っており、現在四週目に突入していますが5kg減まできました。 体重もおち、顔まわりもスッキリ(?)してきましたが、正直肝心の腹回りは変わった気がしません。


相変わらずでっぷりした残念なお腹がそこにはあります。



さすがに1ヶ月で目に見えて内臓脂肪までは変化は起きないようです。 入りにくかったズボンが若干入るようになりましたが、気持ち変わった程度です。 結論

リベルサスを服用すると体重の減少は見られるが、1ヶ月程度では内臓脂肪はもれなく残っている。 一応継続して飲み続けては見ますが、内臓脂肪については防風通聖散辺りを試してみます。

閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「第1類医薬品は薬剤師が不在のため販売できません」などと書かれたPOPをドラッグストアで見たことがある方もいると思います。 そもそも1類、2類、3類などと分類名を言われても何がなんだかさっぱりわからないことも。 そこで今回はOTC医薬品の分類区分について、簡単に解説していきます。 目次 要指導医薬品 第1類医薬品 第2類医薬品 第3類医薬品 OTC医薬品の成分について 注意点 たまに聞くスイッチO

目次 零売とは 購入可能品目 販売不可品目 利用方法 メリット・デメリット まとめ 零売(れいばい)とは 薬局で出されている薬が欲しいけれども、仕事や学校が忙しくて病院に行けないのでなかなか手に入らない……。 病院に行く時間が取れないがいつも処方されてるいる薬を継続して飲みたい……。 などとお困りのかたはいらっしゃいませんか? そんな方にお勧めなのが、病院の処方箋がなくても薬局で医療用のお薬を購入