• M.Oda

アスタキサンチンの効果

ネットショップやドラッグストアでアスタキサンチンという名称を見かけたことがあるかもしれません。もしくは美容にいい、といった話や健康にいいというような形で耳にした方もいるかもしれません。

では、「アスタキサンチン」とは一体どのようなものなのでしょうか? 今回は、最近サプリメントや機能性表示食品などで注目されているアスタキサンチンについて、お話します。


目次

アスタキサンチンの効果

アスタキサンチンが赤い理由とは?

アスタキサンチンの摂り方

まとめ


 


アスタキサンチンの効果


天然の赤色の色素であるアスタキサンチンは、その強い抗酸化作用から疲労回復や眼精疲労、紫外線から肌の老化を防ぐ美肌効果などに効果が期待されている成分です。肌の衰えの原因となるのが活性酸素です。紫外線などを浴びると、肌の弾力や張りが失われてしまい、シワなどの原因になってしまいます。


本来人間には活性酸素を除去する抗酸化力を持っていますが、紫外線やストレス、偏った食生活や喫煙などにより、活性酸素が過剰に発生しまうときがあります。また、人間が持っている抗酸化能力は加齢により減少していきます。


600種類以上あるカロテノイド(黄色または赤色の動植物に広く存在する色素。抗酸化作用を持つ)の中でもアスタキサンチンは抗酸化力が強いと言われています。


アスタキサンチンの抗酸化力は極めて強力で、コエンザイムQ10の約800倍、ビタミンCの薬約6000倍、ビタミンEの1000倍など強い抗酸化力を持ち、アンチエイジングをサポートしてくれる成分です。同じカロテノイドの仲間である、トマトやすいかの成分のリコピンやニンジンの橙色成分β-カロテンよりも強い抗酸化作用を持つといわれています。


・抗酸化作用
・眼精疲労の改善
・メタボリックシンドロームの予防
・美白・美肌など


 


アスタキサンチンが赤い理由とは?


アスタキサンチンは赤色の色素成分で、例えばサケの身の色もアスタキサンチンによるものです。サケは元々赤くないのです。ではなぜ赤いのかと言うと、サケが長い旅をして生まれ故郷にたどり着くためにはかなりのエネルギーが必要になります。


ただ動物はアスタキサンチンを自ら作り出すことはできませんので、サケは稚魚時は赤くありませんが、アスタキサンチンを多く含む海の藻類を食べたオキアミやエビなどの動物プランクトンを餌にし、大量のアスタキサンチンを蓄えることで赤くなっていくのです。そのように赤くなることによって(アスタキサンチン)紫外線の悪影響から身を守り、厳しい環境に臨んでいくことができるわけです。


また他にもイクラ、エビやカニなど甲殻類、コイやタイの表皮などにもアスタキサンチンは含まれます。エビは一見赤くないですが、熱を通すと赤くなります。


 

アスタキサンチンの摂り方


アスタキサンチンの抗酸化パワーを実感するには、1日6~12mg程度の摂取が目安のようです。


アスタキサンチンを食事でとる場合、食材としては、オキアミ、エビ、鮭、いくら、金目鯛、カニなどがあげられます。例えば紅鮭の切身1切もしくはエビ5匹で約2~3mg程度含まれています。ただ同じ鮭の切り身でも紅鮭は多くのアスタキサンチンが含まれているので注意が必要ですね。人参やトマト、ほうれん草などのカロチノイドと組み合わせると効果はさらにアップします。


アスタキサンチンは脂溶性で熱に強いので、油で調理することにより、吸収率がよくなり、さらに効果的に摂ることができます。気軽なところでは、鮭フレークなどを食べてもよいでしょう。


ただ日々食材で十分な量を摂るのはなかなか大変なので、アスタキサンチンの摂取と言うことだけを考えたらサプリメントや機能性表示食品を活用するのがもっとも摂取しやすい方法になります。製品になっているアスタキサンチンサプリメントはヘマトコッカス藻が由来のものが多く、甲殻類・魚介類などのアレルギーがある方も安心して利用できます(もちろん念のため必ず摂取前に原料の確認をしてください)。


 

まとめ


アスタキサンチンは、強い抗酸化作用が期待できる成分です。


アスタキサンチンの注意点としては、とくに甲殻類アレルギーをもつ人です。必ず原材料を確認するなどのチェックをするようにしてください。


またもちろんですが、アスタキサンチンだけを摂ればよいということではなく、野菜や果物などを組み合わせ、バランスのよい食生活をすることが大切です。

過酷な生活環境で生きる生物を守るアスタキサンチン。これら自然由来の魚介類の力を上手にとり入れ、健康な体を維持していきましょう。







閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

元来はちみつ自体が豊富な栄養素を持ち、昔から美容や健康維持のために利用されてきました。中でもマヌカハニーは、一般的なはちみつにはあまりない栄養価を含んでいるはちみつとして、健康を気にする方や美容を意識されている方の注目を集め、健康食品として人気を集めています。 また一般的なハチミツよりも優れた殺菌・消毒成分を持つとされていて、さまざまな健康への好影響が期待できると考えられています。 目次 マヌカハ

プラセンタはここ数年健康食品の中でも目立つ商品になっています。化粧品だけでなく健康食品にも使われており、プラセンタを配合したサプリメントや美容ドリンクが続々と登場しています。ネットなどでもさかんにメディアで「美肌」や「アンチエイジング」などに効果があると広く宣伝されています。 ただ体に良い働きのあるとされているプラセンタですが、メリットばかりが注目されがちで、デメリットについても理解する必要があり